ホーム > 番組審議委員会 > 平成29年度第2回番組審議委員会

平成29年度第2回番組審議委員会

委員番組審議委員(出席者・順不同・敬称略)
 滝沢 修身
 宮下 寿
 竹沢 久美子
 倉嶋 勇
 片桐 充昭
 下平 泰司
 池上 和広
 
 野溝 一雄 (エコーシティー・駒ヶ岳 常務取締役)

事務局
 林 恵美子
 鈴木 哲也
 佐藤 幸宏
開催日時平成30年3月28日(水)11:00~12:40
会場株式会社エコーシティー・駒ヶ岳 会議室
意見・要望・感想等
  • ドローンを活用した新番組の計画について
    • ドローンの番組は良いアイデア。見方を変えて地域を上空から見られるのは新鮮なので期待したい。
    • 例えば天竜川や太田切川を上ったり下ったり、季節に合わせた桜の紹介などテーマを決めて効果的に撮影すればよいと思う。
    • 伊南DMOもドローン撮影の計画を進めている。DMO事務局と協議し、内容が重複しないようにして色々な魅力を発信できれば広がりがある。
    • エリア外への発信とエリア内への発信では視点が違うが、様々な角度で映像にして欲しい。
  • 飲食店めぐりの新企画について
    • たくさんお店を紹介してもらえるとありがたい。
    • 一般のお客さんにリポーターをお願いするのも面白いと思う。
  • 特集番組について
    • 飯島お陣屋行燈市は今年で最後となる予定。可能であれば生中継、もしくは特集番組で取り上げてほしい。
    • 中川ハーフマラソンも今年が最後となる。人気のある大会なので特集番組として取り上げて欲しい。
    • 伊南地区のマラソン大会をまとめて特集してはどうか。
    • 番組ではなるべく大勢の顔が映るようにしてほしい。
    • いつ、どういった内容の番組を放送するかという告知は、音声告知放送を使ったらどうか。
    • ケーブルテレビの良さはローカルを大事にすることにある。地域のお祭りなどイベントがあっても現場に行けないお年寄りもTVで楽しめるので、番組作りではそういう部分にも配慮して欲しい。
    • みなこいチャンネルでは地域外の番組も放送しているが、なるべくローカルに徹した方が良い。地域の顔が見えるチャンネルであってほしい。
    • 陣馬形山と岩間を経由する狼煙リレーは、南信のケーブルテレビ局が連携して取り組めば地域間連携の一つのきっかけにも繋がるので検討して欲しい。
    • 中川村発足60周年に併せ、陣馬形山を会場にした自転車ヒルクライムのイベントも計画しているので番組で取り上げて欲しい。
備考【報告事項】
  • 平成30年度事業計画
  • 中川村エリア伝送路設備高度化事業が完了
平成29年度開始の新番組「青春きらきら~部活紹介~」と、「掘り出せ!いなんの宝物」を視聴。